MENU

えごま油 アトピーへの効果

健康志向の世の中で、運動や睡眠時間など、毎日の生活において自身の健康に気を付けておられる方が増えています。
中でも食事面に気を付けられている方は多いのではないでしょうか。
食事は生活の基本であり、生きていくためには必ず必要なものです。
自身の健康を保つために、まずは最も身近な食事面について見直すのがよいでしょう。
また、近年ではアトピーを患っていらっしゃる方が多いのも現代社会の特徴と言えるでしょう。
そんな方々に、今注目を浴びているのがえごま油です。
なぜ、えごま油が注目されているのか、それはその性質にあります。
私たちが普段口にする油には、沢山の種類があります。
よく家庭で使われているのは、サラダ油です。べに花油を使われている家庭もあるでしょう。お料理によってはオリーブ油を使われる場合もあるはずです。
これらの油はその成分によって、大きく3つの種類に分類されます。
サラダ油、ベニ花油、ひまわり油、大豆油などに代表されるのが、リノール酸を含む油です。次に、オリーブ油に代表されるオレイン酸です。最後に、しそ油、あまに油、魚油、そしてえごま油などに代表される、αリノレン酸です。
実はこのそれぞれの脂肪酸には特徴的な性質があり、それがアトピーに対して様々な影響を及ぼすのです。
私たちにとって最も身近であろうサラダ油ですが、この油に含まれるリノール酸は、アトピーを悪化させる特徴があると言われています。その他にも花粉症や喘息、動脈硬化など、私たちの健康に様々な弊害を及ぼすことがわかってきています。
逆に、えごま油に含まれるαリノレン酸には、アトピーを抑制させる効果があり、その他にも動脈硬化や脳血栓などを予防する効果が認められているなど、多くの効果が期待されています。
アトピーの方は、食生活の見直しの手始めとして、えごま油の摂取をはじめてみるのも良いでしょう。