MENU

摂取でコレステロールは上がる?

えごま油はほかの油に比べてα-リノレン酸の含有量が多く、健康効果や美容効果やダイエット効果が高い油として今注目を集めています。テレビ番組や雑誌やインターネットの記事などで目にしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。様々な効果があるえごま油ですが、その中でも最も多くの人が期待する効果といえば動脈硬化の予防効果です。動脈硬化は、高血圧や高脂結晶が原因で起こるもので、血管が硬くなったり細くなったり血栓ができたりする疾患です。高脂血症は、中性脂肪や悪玉コレステロールの数値が高いと起こるものです。動脈硬化の症状が進行すると、脳出血、脳梗塞、心筋梗塞、狭心症などの重大な病のリスクファクターとなってしまいます。ですので、早めに対策を講じてしなやかで健やかで若々しい血管に導くことが重要になります。そこで役立つのがえごま油です。血圧の上昇を防いだり中性脂肪や悪玉コレステロールの数値を下げる効果があるからです。油なので摂取することでコレステロールの数値が上がってしまうのではないかという心配を抱いている人も多いかもしれませんが、その心配はありません。むしろコレステロールの数値は下がります。しかし、油なのでカロリーがありますので摂取のしすぎには注意が必要です。適度な量を毎日の健康習慣として摂取することで動脈硬化の改善や予防に大きく役立てることができます。それだけではなく、えごま油は脂肪になりにくく脂肪を燃焼しやすい油なのでダイエットにも役立ちますし美肌効果も期待できます。アレルギーを抑える効果や脳の機能を向上させる効果もあります。花粉症やアトピーなどで悩んでいる人にもおすすめですし、認知症の予防にも役立ちます。えごま油を摂取して健康や美容に大きく役立てましょう。