MENU

摂取して下痢になるって本当?

えごま油に含まれるαーリノレン酸という成分はダイエットや美肌・アレルギーの緩和・認知症予防などさまざまな効果をもたらしてくれます。副作用もほとんどないため、幼児から高齢者まで誰でも摂取することができます。

 

ただ気をつけなければならないのは摂取量なのです。1日にスプーン1杯くらいが適切だとされているので必ずその量を守るようにしましょう。
体によくても油の1種です。摂り過ぎは太る原因となってしまいます。それに下痢の症状を引き起こす場合もあるのです。

 

人間の体というのはもともと油を消化吸収するのは得意とはいえません。どうしても時間がかかってしまいますし、消化できなかった油は腸壁に刺激を与えてしまうのです。体はこの刺激を防ごうと腸液という液体を分泌するのですが、これが下痢を引き起こす原因となります。人によっては鼻血が出たり吐き気がしたりという場合もあります。これはえごま油だからというわけではなく、揚げ物の食べすぎで下痢や吐き気が起こるのと同じ症状です。
えごま油も油という認識をもって利用するようにしましょう。

 

スプーン1杯というのはあくまで基準です。子供やお年寄りなどの場合はまずその半分の量くらいから食べさせて様子を見るようにしましょう。下痢しやすい人や揚げ物を普段食べないような人も要注意です。

 

えごま油は、酸化しやすく加熱に弱いという特徴を持っているので、ドレッシングとしてサラダに賭けて食べるのがおすすめの食べ方です。酸化したら効果が少なくなるだけでなく体にも悪影響を与えます。小瓶で購入し、早めに使い切るようにして新鮮な状態で利用しましょう。

 

用法用量を守っていれば下痢などの副作用は起こりにくいです。