MENU

飲むタイミング

基本的に、えごま油は食品のためいつ飲んでも問題ありません。油を飲むのはちょっと…という人は食事の際にサラダのドレッシングに使ったり料理にかけて飲んでも大丈夫です。でも、せっかくえごま油を飲むのならば、やみくもに適当なタイミングで飲むよりは効果的なタイミングで飲みたいものです。
一番良いタイミングだと言われているのは22時〜2時の間です。「夜に油を飲むなんて、太ってしまう!」と思ってしまいますが、22時〜2時の間は腸が一番活発に動く時間なのです。そのタイミングで飲むことでえごま油の成分がしっかりと吸収されて必要な栄養素が行きわたるため、肌質改善効果が期待できます。また22時〜2時に飲むと便秘改善効果もあると言われています。便秘は新陳代謝を低下させてしまうダイエットの敵でもあるため、夜に飲んでもダイエット効果が期待できます。
「でもやっぱり夜に飲むのは…」という人は、朝食時に飲むようにすると良いでしょう。朝えごま油を飲むようにすると普段と同じ行動をしていてもオメガ3の働きで脂肪燃焼効果があると言われています。脂肪燃焼の効果は夜に飲むよりも10倍高いとも言われています。また、朝飲むと脂肪燃焼だけではなく血行を促進する効果もあり、ダイエット以外の効果も期待できます。
自分の望む効果に合わせてえごま油を飲むタイミングを決めると良いでしょう。ただし、1日の摂取量は大さじ1杯程度で十分なため、朝晩両方飲む、というのはやめておきましょう。いくら身体によくても油のため、摂取しすぎると過剰にカロリーを摂取してしまい、逆に太ってしまう事態になりかねません。適量を守って、効果的なタイミングでえごま油を飲むようにしましょう。