MENU

おすすめの飲み方

えごま油にはオメガ3であるαリノレン酸が多く含まれており、脂質の60%がαリノレン酸です。
αリノレン酸は美肌効果、便秘改善、認知症予防、うつ病改善など健康に大きな効果が期待でき、多く含まれているえごま油はテレビなどで紹介されて大人気です。
魚で補おうとすると大量に摂取しないといけないですが、鯖等の青魚に含まれているEPAやDHAなども大さじ一杯で補う事ができます。
摂取する方法としては一日に大さじ一杯を飲めば良いですが、独特のクセがありそのままだと飲みづらいかもしれません。
なので、その場合は料理や飲み物に使用すると飲みやすくなります。
但し、αリノレン酸は酸化しやすく熱に弱いという弱点があります。
調理油として炒め物や煮物に使うとαリノレン酸が破壊されてしまい効果が期待できなくなります。
お椀によそったあとの味噌汁やスープくらいの温度であれば大丈夫なので、汁物にいれたり、茹でた野菜や鶏肉にかける、ドレッシングに使用する、ジュースに入れるなどで摂取しやすくなります。
また、αリノレン酸はタンパク質と一緒に摂取することにより、脳の神経細胞の繋がりを強めます。
なので、玉子かけご飯にえごま油を大さじ1杯かけたり、納豆にかけたりするといいです。
美容効果や便秘改善を望む場合は腸が活発に動くとされる22時から深夜2時までの時間帯に大さじ1を直接摂取するといいので、毎日寝る前に飲み続けることが大切です。
えごま油の成分が悪玉菌の排除を促しお腹の中を綺麗にしてくれます。
毎日飲み続け、お肌の大敵である便秘を改善することによりより美肌効果もプラスされます。
えごま油は酸化しやすく、酸化したものは健康効果どころか悪影響な上に風味も後味も悪くなります。一度開封したものは冷蔵庫に保管し早い目に使い切ります。