MENU

おすすめメーカー

えごま油のおすすめメーカーとして、製造工程や管理などがしっかりとしているメーカーがいいでしょう。健康に良いと話題なのは、ほかの油脂類に比べても、オメガ3系のα-リノレン酸を含む量が多いためです。不飽和脂肪酸の一種であるオメガ3系は、酸化しやすい弱点を持っています。精製をするにしても、加熱をあまり加えないほうが、肝心のα-リノレン酸を残しやすくなります。

 

えごまから油を絞る手段としては、いつくかの種類があります。植物油脂の絞り方には3つのパターンがあって、低温圧搾法に溶剤抽出法、そして圧搾法の方法です。

 

原料への加熱を行って圧力をかけるのが、圧搾法による方法です。その加熱なしで行うのが、低温圧搾法であり、搾油率は悪いのでコストはアップして価格も高いという結果になります。

 

薬品を使い原料を溶かしていくのが、溶剤抽出法の方法です。これはスーパーでも安価で入手できる植物油に見られるタイプです。ですから常温でも腐敗しないでストックができます。ですが、健康には良いイメージはないです。栄養素はもはや破壊されていますので、そこから摂取できるのはカロリーのみです。

 

そのため選びたい、おすすめのメーカーとしては、国産で低温圧搾法で精製されたものを取り扱いメーカーということになります。

 

外国産の商品であれば、原料の寝室管理を製造元がしっかり行っていて、その情報も公開しているかを確認しましょう。海外の商品であったら、できるだけ日本に近い国のものがいいです。

 

何よりもえごま油の商品の、製造元の信頼感があるかどうかも重要です。基本的には原料は、日本の国産のものであることは、外したくはないポイントになります。低温圧搾法であることも、とても重要です。